トヨダヤスシ建築設計事務所
HOME 旧BLOG 新BLOG お問い合わせ
トヨダヤスシBLOG
京都の豊田保之/トヨダヤスシ建築設計事務所の旧ブログです。
2015年08月21日から備忘録として使用しています。
<< 超長期住宅の会議-住宅医ネットワーク | main | 原稿締め切り >>

002-ルワンダ建築事情

ルワンダ建築事情の第2回目。
今回は、家族と住まいについてご紹介します。
---------------------------------------------------------------------
PN HINAGI

1、家族構成
各家庭よってかなり事情が異なるようである。
標準は、父親、母親、子供2人から4人(より多いケースもあるようである)と、思われる。
甥や姪を引き取って育てている家庭もあるようである。
おじいちゃん、おばあちゃんのいる家もある。
しかし、平均年齢が40歳前後とかなり低いため、高齢者は日本ほど見かけないように感じる。
一説によると、3人子政策をしているというような話を耳にしたこともある。

2、家の構造
土と木、とトタンとレンガとコンクリート(一部)が一般家庭の家の素材のようである。
下に記載の写真参照。
 
<土と木の家>
上の写真にも人は住んでいる模様である。
夕飯時には中から煙が出て、調理を行っている。
家の側壁の四角い箱は電気メーターであると思われる。
このような粗末な家も沢山建っている。

この家は、HINAGIの住む住まいである。
レンガとコンクリートで出来ている様子である。
室内の様子は、次回以降で紹介するが、屋根はトタンなので、雨の日や、落ちてきた葉があたる音がひどい。
一般的に、ここの家は窓が小さく部屋が暗い、そして、シンクの位置がたかく(1m弱)小柄な日本人には適さない。
レンガは、写真のように土を混ぜて型押しして日干ししただけのものである。
| ルワンダ・海外情報 | 11:31 | comments(0) | -


コメント
コメントする

※必須

| /PAGES |
| /PAGES |
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
計 今日 昨日