トヨダヤスシ建築設計事務所
HOME 旧BLOG 新BLOG お問い合わせ
トヨダヤスシBLOG
京都の豊田保之/トヨダヤスシ建築設計事務所の旧ブログです。
2015年08月21日から備忘録として使用しています。
<< 京都市の耐震改修促進セミナー | main | 建築士会と建築士賠償責任補償制度に加入 >>

柱は、なぜ105角以上?

柱がなぜ105角以上なのか、意味知ってますか?

いや〜おどろきました。
建築知識を読んでビックリです。

ここで書いてしまうと面白くないので是非読んでください。
水谷達郎さん、坂本功さん、野沢正光さんの座談会に載っています。

MOKスクールに通うようになってから、こういった話をよく耳にすることが多くなりました。
基準法がこの数字で決まった理由・木構造の意味など、講師の先生方に教えてもらうのですが、なるほど〜!!と思わせることばかり。

こんなこと、だれも知らないぞ!
え!なんだそれ?!
ってことまで聞けたりします。

いや〜、木造建築っておもしろいですね!
| WORKS-木 | 09:40 | comments(2) | trackbacks(0)


コメント
え〜、教えてよぉ〜。
多分、建築知識という雑誌を購入することは
無さそうなので…ってか見たことないっ!!
| ぽち | 2006/03/08 12:24 AM |
簡単に説明すると、
数十年昔は、3寸(90mm)の柱や、それ以下の柱を一般的に使用していたのですが、これだとお粗末なつくり。
しかし、4寸の柱を使用するには、コストが高く普及しない。

さて、どうしたものか?と考え、
当時の建設省は、間をとって3寸5分ときめたようです。

なので、構造力学上きめられた数値ではないそうです。
| 管理者 | 2006/03/09 5:53 PM |
コメントする

※必須

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
| /PAGES |
| /PAGES |
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
計 今日 昨日