トヨダヤスシ建築設計事務所
HOME 旧BLOG 新BLOG お問い合わせ
トヨダヤスシBLOG
京都の豊田保之/トヨダヤスシ建築設計事務所の旧ブログです。
2015年08月21日から備忘録として使用しています。
<< 2015年も宜しくお願いいたします! | main | 2015年1月号より建築ジャーナルにて連載開始! >>

今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方についてパブリックコメント1/6(火)夜24時が〆切

新年早々ですが、
今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方について、
昨年末からパブリックコメントを募集していましたが、今日、1/6(火)夜24時の締め切りとなっています。
なかなかハードなスケジュール。

以下、
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155140725&Mode=0
より
**********
「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方について
(第一次報告)」(骨子案)に関する意見の募集について

案の公示日 2014年12月18日
意見・情報受付締切日 2015年01月06日

意見公募要領 PDF
【別添】「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方について(第一次報告)」(骨子案)
【参考】「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方について(第一次報告)」(骨子案)参考資料集
**********


職人がつくる木の家ネットが色々まとめてくれていますので、気になる方はこのページを読んでから意見を出すのがよさそうです。
http://kino-ie.net/act_091.html


以下、今私が考えていることを少し整理してみたいと思います。

・石油依存大・CO2排出増
原発STOP----->火力発電・原油増----->CO2排出増

・原発リスク大
原発稼働----->火力発電・原油減----->CO2排出減 

・石油依存小 原発リスク小 
住宅・建築物省エネ義務化------>原発STOP----->火力発電・原油減----->CO2排出減------>土壁内外真壁が造りにくい 

・伝統建築に配慮・住まい手省エネ意識有 
土壁内外真壁可---->断熱義務化せず---->国民が省エネに配慮---->原発STOP----->火力発電・原油減----->CO2排出減

・住まい手省エネ意識無し 
省エネ・断熱義務化せず---->一部の国民がエネルギーをじゃぶじゃぶ使う---->原発稼働しなければいけない。



結論としては、
国民の省エネに対する意識と実行力があれば、国も義務化しなくてよいのでしょうけど。。。

意識が低いと、義務化に進んでしまいそうです。

伝統建築は、残しておきたいという気持ちがある一方で、省エネ意識が低い国民をどうするか?

とても難しい問題です。

どちらの方向に進むのかは、政治家次第なのかもしれません。
| WORKS NEWS | 11:24 | comments(0) | -


コメント
コメントする

※必須

| /PAGES |
| /PAGES |
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
計 今日 昨日