トヨダヤスシ建築設計事務所
HOME 旧BLOG 新BLOG お問い合わせ
トヨダヤスシBLOG
京都の豊田保之/トヨダヤスシ建築設計事務所の旧ブログです。
2015年08月21日から備忘録として使用しています。
<< ならやまの家:建て方初日 | main | 奈良:ならやまの家、3日目上棟 >>

奈良:ならやまの家、建て方2日目

建て方2日目です。
お天気もレッカーも快調!

屋根構面は、構造用合板で確保しています。
隙間風対策もテープとパッキンで処理し万全です。
ボード系断熱材も隙間を塞いで。。と、省エネ基準書類に書いてあったのでここは注意が必要。

いつもはフィルムを貼っているのですが、今回は合板+パッキン・テープ処理にしてみました。

もちろん防露判定もNGがでません。
基準値3:1に対して、設計値48:1ですので 余裕をもってクリアです。

断熱材と流れ残の隙間で防露判定をすると、6.88:1になりましたが、これもクリア。

隙間の判定も意外と重要です。


あと、細かな隙間を塞ぐのは、大工さんに説明するより、自分でテープ貼りするほうが早くて確実です。
屋根の折れ曲がり部や束の足元、トップサイドライト廻りなどなど。

処理が終わったあとは、垂木・流れ桟の取り付けです。

プレミア断熱ビスというのが、汎用品で大工さんにも手に入りやすいようです。
脳天からプレミア断熱ビス留をした上、コーススレッドを斜めから留めます。

今回、軒とケラバが1200mm跳ねだしているので、大工さんがビス留を忘れないよう私も終日現場で指示・確認。

1200跳ね出すとなかなかのボリュームですが、屋根がシャープに見えます。


長くなったので、つづきは次回へ。
| WORKS NEWS | 22:07 | comments(0) | -


コメント
コメントする

※必須

| /PAGES |
| /PAGES |
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
計 今日 昨日