トヨダヤスシ建築設計事務所
HOME 旧BLOG 新BLOG お問い合わせ
トヨダヤスシBLOG
京都の豊田保之/トヨダヤスシ建築設計事務所の旧ブログです。
2015年08月21日から備忘録として使用しています。

申請メモ

今日は、大阪事務所です。
事務所に行く途中、紀伊国屋に立ち寄り本を3冊購入しました。

建築申請MEMO
建築消防ADVICE
世界で一番やさしいRC・S造

2004に申請メモを購入してから、5年ぶりです。
去年、一昨年、大幅に法律が改正されたのと、住宅ではあまり必要としませんが、今設計している物件の規模が大きいので、念のため消防ADVICEも購入しました。

そういえば、HISに航空券の値段を聞かないといけないのを忘れていました。
今から調べてみます。
| BOOKの紹介 | 14:41 | comments(2) | -


ショックな出来事

今日は、奈良明日香村の家の打ち合わせです。
2時からなので、もうすぐ出発します。

さて、昨日お知らせした掲載情報で、少しショックなことがありました。
建築知識7月号に掲載されたとお知らせした後に、編集部から本が届きました。

キタ−!!

早速、中身を見てみると・・・・・。


え?!
なんかおかしいぞ。

右のページの数字が違う・・・・。
あと、鋼板サンドイッチパネルの熱伝導率も・・・。

こちらがチェックミスをしたのかと思って、チェックシートを確認しましたが、数値はあっている・・。
最終、「R値にするかU値にするか、他の掲載状況と照らし合わせてどちらか一方を載せてください。」とお願いしたのがまずかったかもしれません。

まあ、単純な写し間違いですね。

図上の3つのパターンは、U値で表示。
図下の2つ(4)(5)は、R値で表示されてしまっています。

正解は、下記です。
図中
U値 (4) 0.69 ---> 1.45
U値 (5) 1.82 ---> 0.55

あと、
左文章中
鋼板サンドイッチパネルの熱伝導率が、0.19 になっていますが、0.019が正解。

数値の変更と単位に気をつけてというメールを入れたことが、少し誤解を招くような結果になってしまったと私も反省です。
単位だけ直っていて、数値が直っていないという結果になりました。


図解説文
「(5)外張り断熱は、土壁の乾燥を待つ必要がないため・・・・」

乾燥の定義の問題ですが、普通に読むと、土壁を塗ったあとすぐに外側の仕舞いができるようになると読めますよね。

よく、土壁が乾燥するまで1年か2年はかかる!という話を聞きますが、これが前程になっている上での文章なので少し誤解をうむかもしれません。

本来は、
外部側の土の表面が、手で触ってもジメッとしない程度の乾燥度合いで、土の表面上の色が均一になったぐらいに施工が可能です。
期間でいうと1ヶ月ぐらいですね。

いくつか雑誌に掲載していただきましたが、編集部によって進め方が違うので、正直少し戸惑う部分もありました。
発売日が決まっているので、資料送付やチェックバックが早い方が良いと思いそうしたのですが、それが少し裏目にでることもあるというのが良くわかりました。
今回の反省点を踏まえ、次回掲載時は、少し気をつけていこうと思います。

下記に訂正文を載せておきました。
http://www.t-sakan.com/cgi2008/works-katudo/gallery.cgi?no=39
| BOOKの紹介 | 11:57 | comments(5) | -


住宅特集5月号に掲載!4/18発売

住宅特集5月号に掲載されることになりました。
4月18日発売ですので、皆様ご覧になってください。

特集記事「素材から環境への取り組み」として、西七条の町家が掲載されます。
土壁と外張り断熱のことを主に、ウッドマイルズとCASBEE住まい(戸建)の評価に関して計6ページにわたり紹介されます。

ウッドマイルズは、WOODAC滝口泰弘氏
CASBEE戸建は、岩村和夫氏

がそれぞれ解説をしてくれています。


掲載が決まったのは、3月初め。
編集部から連絡があり、5月号の特集記事にしたいとのことでした。
ページ数は、何ページになるかは聞いていなかったのですが、6ページもいただけるとは感謝です。

掲載にあたって、10月頃編集部にお邪魔したのですが、私の大きな勘違いでちょっとした笑い話も有りました。
これは、はずかしいのでBLOGには書きません。
直接聞いてください。

何はともあれ、今回が住宅特集デビューとなります。
学生の頃憧れであった雑誌に掲載していただけるとは、色々な方々の協力があり達っし得たものだと思います。
皆様、ありがとうございました。
| BOOKの紹介 | 11:50 | comments(2) | -


和の小住宅PART2に掲載されました。

年始に執筆していた雑誌「和の小住宅PART2」が、明日2月18日に発売します。
発行は、MONOマガジンでも有名なワールドフォトプレス。

和モダン住宅の特集で、建物写真・コンセプトをカラー4ページ掲載です。
顔写真+プロフィール等も後ろのページに紹介されています。

自分の顔写真とプロフィールが載るのは、これがはじめてなので、少し恥ずかしい気持ちがある反面うれしくもあり、著名な建築家の方々と一緒に載せて頂けたことに感動です。
そして、74年生まれの私が一番若いというのに少し驚きでもあります。

本屋に行った時ちょっと手にとってみてください。
P8 P66-69 P137 にそれぞれ掲載されています。

アカデミーの辻さんの設計した住宅も掲載されています。

和の小住宅PART2
ワールド・ムックNo.764
リビングスフィアシリーズ31
販売価格税込1,600
| BOOKの紹介 | 02:56 | comments(2) | -


モダンリビング2009年3月号

今日は、大阪事務所です。
美濃加茂の住まいの天井伏図を作図しています。
普段、天井が梁アラワシなので天井伏図自体を描く事が少ないのですが、今回は、改修物件ということもあり、天井を張り替えるか、既存のままにするかが明確にわかるように描く事としました。
あと数時間で完成です。

さて、先ほどM氏が事務所に来られて「モダンリビングに御影の住まいが掲載されたよ!」と教えてもらいました。

御影の住まいは、2年ほど前に私が図面を描いた物件。
まだ、本の中身は見ていませんが、なかなか良い感じに撮れているようです。
もしよければ、覗いてみてください!
| BOOKの紹介 | 21:05 | comments(3) | -


チルチンびと53号に掲載されました。

今日は、5時から岐阜森林文化アカデミーで住宅医の会議です。
長期優良住宅に美濃加茂の家も該当するので、現在の状況を話てくれと言われています。

さて、年末年始にかけて執筆していたチルチンびと53号が発売されました。
久しぶりの雑誌掲載です。

P168 <ARCHITECT 各地で活躍中の建築家>
「土壁と外張り断熱で快適なすまいを」というタイトルをつけました。
一般の方向けに書いているつもりですが、少し難しくなってしまったかな?

それともう一つ。今月末に別の雑誌にも掲載される予定です。
こちらは、カラー2面?だと思います。
又、発売したら報告します。
| BOOKの紹介 | 11:38 | comments(5) | -


住宅・建設業者のためのコンプライアンス

今日は、大阪事務所です。

京都の自宅から大阪事務所までは、約75分。
阪急電車、JR環状線を乗り継ぎ大阪市福島区にある事務所へ出勤しています。
電車通勤となったため、電車の中で読書ができるというのが最大のメリット。

今読んでいる本は、「住宅・建設業者のためのコンプライアンス入門 」
秋野 卓生【著】です。

コンプライアンスの意味は、ウィキペディアで検索してみてください。
詳しく載っています。
この本の中でも、面白い?のは、「耐震強度偽装問題に学ぶコンプライアンスと法改正の動向」という内容。
皆さん一度読んでみてください。

法令がどんどん変わる中、設計事務所としてのコンプライアンスを勉強しておかないとこれからは生き残っていけないのでしょうね。
| BOOKの紹介 | 11:03 | comments(0) | -


美味しんぼ101巻、食の安全

今回は、食の安全がテーマ。
中国産の食材、添加物の話が載っています、詳しくはかけないですが、この号は必見です。

昔、稲山先生が美味しんぼの建築版がでればいいな〜とセミナーでお話されたことを記憶しています。
今回は、まさに「食」を「住まい」に置き換えて読んでみることができる号です。

食とは?
住まいとは?

色々考えさせられます。
| BOOKの紹介 | 11:52 | comments(0) | -


月に響く笛 耐震偽装を借りました。

読んだ方から、おもしろいというお話聞いたので、少し遅くなりましたが読み始めました。

まだ、数ページ読んだだけですが、業界の事情が色々とよくわかりそう。
明日は、岡山出張なので、電車の中でじっくり読んでみることにします。

岡山での耐震リフォームプロジェクトは、工務店さんから見積りがあがり、内容を精査しています。
うまく予算内に納まり工事が開始できればと思います。
| BOOKの紹介 | 11:32 | comments(0) | -


宮脇檀の住宅設計

昨日は、昼過ぎまで打合せをしたあと事務所に戻ることに。
事務所の近所には、本屋がないので、駅前の本屋に寄ってみると、
ありました!

「宮脇檀の住宅設計」

発売されるのは、知っていたので本屋に行ったときに購入しようと思っていた矢先、見つけてしまいました。

中身も見ず、衝動買い!
内容はこれからじっくり読んでいきますが、ほんと楽しみです。
| BOOKの紹介 | 00:03 | comments(3) | -


| 1/2PAGES | >>
| 1/2PAGES | >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
計 今日 昨日